usugurano

全て映画から学んだyo!

d0160692_01210350.jpg

こんにちは、

過ぎ去った夏をマリン・ガールズでしのんでいるマスターです。

トレーシー・ソーンの声ってほんとに、

初秋のビーチを吹き抜ける浜風じみた愁いがあって最高です。

d0160692_01261868.jpg

今夏も、

足の甲に熱湯をブチかけて火傷に苦しむというアクション・アート以外は、

特に心を震わせるような出来事もなく終わってしまいましたが、

そんな店主のハートに最近、

数年ごとに間歇泉的に吹き出してくる映画熱が

突然むくむくとよみがえってきやがって(←マジで熱湯のせいかも!)、


しゃあねえなってことで、

深夜に甘いお菓子をぼりぼり貪りながら、

押し入れの奥から引っ張り出してきたビデオを

苦行僧のように見返しまくっていたんですけど、

昔と好みがほぼ変わっていないのか、

どれもすっごい楽しくて、ほんと、すっごい幸福な時間でした。

d0160692_01250872.jpg

『ターミネーター』


CGよりもSFXもしくはSEX派の自分といたしましては、

このシリーズは断然、パート1が好き。

ガチマッチョなシュワルツェネッガーだけじゃなく、

細マッチョなマイケル・ビーンもはまり役で最高です。

わたくしの筋肉物語も、

この映画から始まったといっても過言ではないかもです。

d0160692_01251917.jpg

冒頭でシュワにブチ殺されるパンクス野郎どもの勘違いパンクスぶりがまた、

個人的にはかなりツボです。

当時のパンフレットもいまだに大切に保管してあって、

時折ぱらぱら見返してみては、

自分とシュワの筋肉量の違いに涙しているとかいないとか。

でも、今と違って、あの頃の映画館はほんと特別な場所だったよなあ…

d0160692_01223655.jpg

『ブレックファスト・クラブ』


モリー・リングヴォルドやエミリオ・エステベスなど、

ブラット・パック派の演技が初々しい80sハイスクール・グラフィティ。

同じリングヴォルド主演の『プリティ・イン・ピンク』程ではないですけど、

大好きな作品。


これといって冒頭のつかみがなく、前半はいまいち乗れないのですが、

主人公達がクサを吹かしてイエー!ってなる辺りから

色んな意味で一気に盛り返すという、

言わば逆転ホームラン系映画といった印象。

自分も夜中の3時にこれを見ていて、

smells like teen spiritPVばりにギターをじゃなくて

くわえていたオレオのクッキーを床に叩きつけそうになりましたよ!

イエー!

d0160692_01225903.jpg

『卒業白書』


トム・クルーズの記念すべき主演第一作。

タンジェリン・ドリームの陰鬱なオープニング曲そのものといった、

どうにもからっとしない鬱々とした80sハイスクール・グラフィティ。

(↑またこれか!)

d0160692_01230720.jpg

アイビー野郎を演じ切ったトムクルーズと

娼婦役のレベッカ・デモーネイの妖艶な魅力で

どうにか押し切った作品といった感じでしょうか。

覚えていないシーンが多かったので、

昔見た時もさほどの印象はなかったのかもしれないです。

が、この全編を覆い尽くす何とも言えないダークさは大好物です。

d0160692_01252889.jpg

『スターシップ・トゥルーパーズ』


巨大昆虫との不毛な宇宙戦争を描いた、

バグ好きバトル好き野郎ども垂涎の名作。

(↑つまりオレのことだyo!)。


バーホーベン作品中、

最もグロテスクかつペシミスティックかつエキサイティングな作品で、

(↑オレの知ってる英語の形容詞を全て並べてみたyo!)

正直女子受けは全くしないと思われます。

事実、

公開時にわたくしがこれを

かつて馬車道に存在した某映画館に見に行きましたところ、

熱狂的バーホーベン・ファンとミリタリー・マニアと

寅さん風無職系おじさんがさながらバグのように押し寄せていて、

ただでさえカビ臭い館内には、

彼らの放つねっとりした謎のバーチャル粒子がこれでもかと充満しており、

まさに息も詰まるほどだったのを生々しく記憶しております。

d0160692_12494193.jpg

ナチズムに対する皮肉が強烈ですが、

これに関しては、

戦闘シーンの生々しさに拘泥し過ぎたあまり、

オレみたいな嗜虐性むんむんな獣的観客は

むしろそちらにばかり気を取られてしまい、

監督が主題としたはずのそうした主張が

むしろ真逆なものとして曲解されてしまう危険性をはらんでいるのでは?

と、そんな風に思わせなくもない作品です。

が、しかし、それでも傑作だとは思いますけど。

d0160692_01245207.jpg

同じバーホーベン監督の『トータル・リコール』も大好きな作品。

これも公開時に映画館で見ているのですが、

この監督の作品って、

見終わった後に謎のどんよりしたカタルシスに観客がやられまくりで、

ほんと最高です。

d0160692_01265091.jpg

『パラダイス・アーミー』


ライトマン監督がゴースト・バスターズの前に撮ったコメディ映画。

内容としましては、ポリス・アカデミーの軍隊版といったところでしょうか。

若かりし頃のビル・マーレーやジョン・キャンディの

早くも若々しくないオヤジ演技が素敵です。

後半のクライマックスより、

どうしょうもない軍隊生活を描いた前半のほうが個人的にはずっと好き。

d0160692_01270058.jpg

ジョン・キャンディ、ほんといい役者だったよなあ。

隣の役者が着ている謎のスウェットがまた、最高にイケてます。欲しい!

d0160692_01235294.jpg

『博士の異常な愛情』


『フルメタル・ジャケット』や『現金に体を張れ』程ではないですけど、

お気に入りのキューブリック作品。

発狂した米国空軍司令官によって世界が滅亡に向かうという、

笑えないブラック・コメディ。


ご存じの通り、

作品の舞台であるいわゆる冷戦真っ盛り時代は、

米ソという二匹のサソリが瓶の中で互いに牽制し合うという

まさに一触即発的な状況であったわけでございまして、


それから数十年が経ち、

我々人類はそうした自殺的状況を

ご自慢の理性と英知で軽々と乗り越えたはずだったのですが、

それが逆に瓶の中がより一層騒がしくなっただけだったという、

これが喜劇でなくてなんでありやしょう。

そんな今こそ、この映画を見返すのは、無駄なことではないかもしれません。

d0160692_01233273.jpg

同時にまた、

オッペンハイマー博士の以下の言葉を思い出すことも。


「核兵器を持つ側が、それを振りかざしつつ、

相手国に対して

(核兵器は人類全てにかかわる危機なのだという)共通認識への同意を強いることがあってはならない。

このやり方は、決して成功しないであろう」

d0160692_01234206.jpg

がしかし、

Canti店主の以下の言葉を思い出すは、

時間の無駄以外の何物でもないだろう。


「腰にヘルニア、脳味噌にノイローゼを持つカフェ店主が、

それを盾にとりつつ、お客さんに対して、

ヘルニアおよびノイローゼは人類全てにかかわる危機なのだ、

だからもっと飲み食いしてくれ!

と嘆願したところで、

このやり方は冷笑をもってスルーされるだろう」

d0160692_01274756.jpg

『蛇皮の服を着た男』


マーロン・ブランド主演のモノクロ傑作映画。

ブランド作品の中では、この作品がダントツで好き。

共演の女優も素晴らしく、

『無防備都市』で有名なアンナ・マニャーニが

ゴルゴンを思わせるような存在感で作品に凄みを加え、

また、ポール・ニューマンの伴侶でも知られたジョアン・ウッドワードが

精神不安定なメンヘラ役を見事に演じ切っております。

d0160692_01275749.jpg

筋金入りの反差別主義者であるブランドと

社会派ルメット監督がタッグを組んだ作品で、

しかも舞台がアメリカ南部ということもあり、

人種差別に対する強い憤り・批判が作品の根底にあるのは確かですが、

同時にまた、

モノクロの硬質な映像に

救われない恋物語としての詩情が夜霧のように漂っていて、

実に見事な出来です。

ぞっこん大好きな作品。

ブランド演じるゼービア愛用のギターが

かのレッド・ベリーからの贈り物という設定もまた、ぐっときます。


ブランド

「世の中には2種類の人間しかいない。

買う人間と買われる人間だ。・・・いや、もう1種類いる。

オレみたいなどちらにも当てはまらないはぐれ者が」


Canti店主

「世の中には2種類の人間しかいない。

ヘルニアに苦しんだ人間とノイローゼを楽しんでいる人間だ。

・・・いや、もう1種類いる。

オレみたいなヘルニアとノイローゼを強引にアウフヘーベンした

ヘルニア且ノイローゼな超人が」


ウッドワード

『知ってる、朝、ヒールのかかとを壊すと、

夜までに命がけの恋をするんだって?』


Canti店主

『知ってる、

夜、大岡川沿いで犬のウンコを踏みつけると、朝、

靴底の溝に食い込んだウンコを

亀の子タワシを駆使して命がけで洗い落とす羽目になるんだって?』

(↑マジだyo!)

d0160692_01231620.jpg

『奇跡の丘』


奇才パゾリーニが、

素人俳優をつかってイエス・キリストの生涯を聖書に忠実に描いた異色作。

やっぱりこれ、凄くいいです。

聖書を全く読んだことのない方、

アンチ・キリストな方にはちょっとつらいかもですけど…

俳優の人選がまた秀逸で、特にイエスとマリアに関しては、

この作品のために生まれたのではと思わせるほどの超はまり役。

難を言えば、

イエスがもう少しにこやかに描かれていたらもっとよかったのにと、

それが少し残念。

この作品もしかり、パゾリーニはやっぱり、

イタリア・ネオリアリスモの残り香が濃厚な初期モノクロ作品が好きだなあ。

d0160692_01242326.jpg

『エイリアン』


これもくっそ大好きな作品。

キャメロンが撮ったパート2も好きですけど、

やっぱりリドリー・スコットのこちらに軍配でしょうか。

脚本もさることながら、

2001年宇宙の旅』ばりの美術デザインがまたぐっときます。

個人的には、同船したアンドロイドの暴走ぶりがかなりツボです。

d0160692_01243449.jpg

こうして冷静に見ると、

エイリアンって、ウルトラマンに出てきそうな人型生物なんですね。

イグアナとメラニア夫人をアウフヘーベンした妖怪とでも言いましょうか…


正直、この程度の大きさならオレでも何とか勝てそうですし、

ペットショップで売ったら凄い売れそうなビジュアルです。

一匹飼いたい!

d0160692_01271771.jpg

『恋人ゲーム』


イケてないロック・バンドのボーカルと、

写真家として成功することを夢見るオタク青年の恋を描いた青春ラブ・コメ。

シャッツバーグ監督が、

デミ・ムーアとジョン・クライヤーを主演にすえた84年制作の映画で、

これ、邦題だけ見ると失敗作かと早合点しがちですが、

すごく面白いです。

『ブレックファスト・クラブ』同様、最初はイマイチ乗れないんですけど、

ほどよいジョークと甘酸っぱい80sラブ・ロマンスのボディ・ブローにより

いつの間にか引き込まれます。

d0160692_01273070.jpg

とにかく、デミ・ムーアの演技が秀逸。

ちょうどこの頃、

実生活では薬漬けの日々を送っていらっしゃったはずのデミ様ですが、

そうしたやんちゃぶりが映画にうまく反射したのか、

はすっぱぶりがかなりリアルで、

共演のジョン・クライヤーを完全に食ってます。


デミ様演じる場末バーの専属ロック・ボーカリストが、

ひょんなことから

ジャズのスタンダード・ナンバーを歌ったらウケたという設定もなかなか。


自分はなぜか、

主人公の写真オタク青年が暗室でフィルムを現像しているシーンを見るたびに

エドワード・ヤンの『恐怖分子』を思い出して落涙します。

とても好感のもてる映画ですが、

ラスト・シーンは見る人によって賛否が分かれそう。

d0160692_01253680.jpg

『エクソシスト』


最後にご紹介するのは、言わずと知れたこれ。

ウィリアム・フリードキン監督の73年公開作。

傑作です。怖いです。でも、定期的に見返したくなります。


悪魔払いを描いた映画ですが、

実は暑気払い映画かよ!って叫びたくなるくらい怖いです。

背筋が凍ります。

マジで、深夜に一人で見るのはおすすめしません。

d0160692_01254669.jpg
少女の腹に浮かんだhelp me の文字…

わかっちゃいるけど、何度見てもぞっとするシーン。


先日の深夜この場面で思わず、

『ヘルプ・ミー!』と叫びながら

口の中のオレオを逆噴射したのがオレオじゃなくてオレです。

こええ!


ということで、

ヤクザなカフェ店主によるヤクザな映画批評は、

これにて終了とさせていただきます。

長々とおつき合いしていただき、ありがとうございました。

d0160692_13011152.jpg

映画とは一切関係ないですが、

先日久しぶりに鎌倉にお出かけしてまいりました。

エチカでお茶をして店を出たらすっかり日が暮れていて、

季節の移ろいを感じました。

ひとけのない小町通り、何とも不思議な感じです


ちなみに、我が黄金町は、

昼間だろうが夜だろうが,

アート・イベントをやっていようがいまいが、

いつもこんな感じですwww











[PR]



# by bari-era | 2017-10-10 13:41

望めば与えられ、欲望すると与えられません

d0160692_13000392.jpg

賢明なる読者の皆さまはすでにお気づきかと思いますが、

といいつつ、

当ブログの読者に賢明な方などいるはずがないと確信しているわけですが、

それはともかくとして、

わたくし人情ゼロなサイボーグ店主の趣味はずばり、

変態観測と天体観測でありまして、

そのために生きていると言っても過言ではないくらいでありやす。

d0160692_00115113.jpg

変態に関しては、黄金町でお店を経営している限り、

観測対象にこと欠くことは皆無ですが、

天体の方となりますと、

夜空が明る過ぎる等の理由から、そう簡単ではありません。

となると、店主が行くべき場所は

ゴールドジムじゃなくてプラネタリウム一択とあいなります。

d0160692_13011685.jpg

あの日、そう、あれはひな祭りを翌日にひかえた小雨降る木曜日、

銀河鉄道じゃなくて東海道本線の平塚駅に降り立った店主は、

d0160692_13025889.jpg

ビジュアル最高なラオシャン必殺タンメンを

ぽんぽんの底なしブラックホールに流し込んだ後、

プラネタリウムがある博物館へと猛ダッシュしたのであります。

その速さたるや、

カムパネルラの命を奪った川の流れをしのぐほどだったとか。

d0160692_00182511.jpg
がしかし、

この時も例によって手書きの地図だけが頼りでしたので、

目的地になかなかたどり着けず、

上映開始時間に間に合わないんじゃないかとマジであせったぜ!

d0160692_00562774.jpg

「ジョバンニ、お父さんがラッコの毛皮を持ってくるよ!」

と叫びながら平塚の街を爆走しているどこぞの店主は、

まさに変態そのものだったとか。

d0160692_13155635.jpg

で、肝心のプラネタリウムはどうだったかですって?

奥さん、それ聞いちゃいますか。

ふふ、それがですよ、奥様、

何とですよ、これがですよ、マジでですよ、

週一の貴重な休みにわざわざ平塚まで出かけたのにですよ、

タンメンまで食ったのにですよ、

腰痛持ちがダッシュまでしたのにですよ、

これがなんと、受付のパートっぽい女性がですよ、

汗だくのわてに向かってこうささやくんすよ、

笑み一つ浮かべずに、恐ろしくマジな顔で、

『本日はやっておりません、土日のみの上映となります』って。

ああ、、、

そう言われた瞬間、

わたくしのチャームポイントであるところの―

d0160692_13040094.jpg

積極的な鼻から(深い!)、食ったばかりのタンメンが一本、

つるつるとしたたり落ちてきたのは言うまでもございやせん。

d0160692_00553934.jpg

がしかし、そこは転んでもただでは起きないカンティ店主、

常設展を見て己をなだめすかすと同時に、

平塚の歴史を一から学ぶことに。

d0160692_13051000.jpg

オレは天体観測をしにきたんであって

縄文人の生活様式を学びにきたんじゃない!

d0160692_13053250.jpg

「もう一歩前へ」にそそのかされてお出かけしたら、

いつもロクなことがないので、

正直どこにも行きたくないです、、、

d0160692_13055890.jpg

男『ほらごらん、あの明るい星が金星だよ』

女『金星?あなたのパンツのシミじゃなくて?』

男『オレのパンツのシミは、あんなもんじゃないさ

女『それより、ほらっ、さっきからこっちにカメラを向けてる男、

なんか変態っぽくない?

あたしのスカートの中をのぞき込もうとしてるっぽいし』

男『ありゃ、見るからにイエロー・トラッシュだなwww

d0160692_13065327.jpg

与えられたいなあ。

d0160692_13074759.jpg

縄文人といえば、『原始のマン』。

この映画、日本ではたぶん大コケで、

自分が観に行った時も、数人しかお客さんがいなくて、

笑っているのも自分一人だけだったという香ばしい記憶が。

あれ、もう、20年以上前なのね…

d0160692_13424807.jpg
部屋を掃除していたら、

今は亡き自由が丘武蔵野館で

『幻の湖』を観た時に買ったパンフのコピーを発見!

宇宙を感じたかったらこれを観ろ!な快作なんですよ~

前半の二時間はほぼ眠いですが、がまんして観続けると

最後には涙が止まらなくなるとかならないとか(色々な意味で)。

小津の東京物語をしのぐ深い余韻が味わえる歴史的名作ですwww










[PR]



# by bari-era | 2017-06-27 01:03

連休中の営業につきまして

d0160692_12002643.jpg
お客様


先日、黄金町駅前のコンビニに入りましたところ、あろうことか店内に、
バングルスの『マニック・マンデー』のインストヴァージョンが流れていて、
あまりの懐かしさに胸キュンしたマスターです。
あれ、反則ですから!
もしもあの時、
スザンヌ・ヴェガの『ルカ』やポリスの『高校教師』でも流れていたら、
確実に即死していたような気がしなくもなくもないです。


さて、そんなマスターから連休中の営業のお知らせです。
お知らせもなにも、完全に通常通りの営業となります。
よって、明日4日(木)はお休みとなります。
営業時間は、15時~22時です(遅刻の常習犯ですけど…)。

よろしくお願いいたします。







[PR]



# by bari-era | 2017-05-03 12:55

純不純喫茶 Canti  「幸せとは、世界の隅々までピンクが行き渡っているという淡い確信。もっとカラッポに。アーメン。」
by bari-era
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

リンク

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

全て映画から学んだyo!
at 2017-10-10 13:41
望めば与えられ、欲望すると与..
at 2017-06-27 01:03
連休中の営業につきまして
at 2017-05-03 12:55
お詫び
at 2017-04-18 11:14
臨時休業のお知らせ
at 2017-04-16 11:43

ブログジャンル