usugurano

<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧




Cafeマスターの悲劇

d0160692_150460.jpg

「来年こそは健康な体と精神を!」

そう祈願しつつ2013年を終えたものの、

新年早々に喉の持病であっけなくダウンし、

あらためてその強靭な虚弱ぶりを天下に知らしめたCanti店主でありますが、

皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

もちろん、虚弱の総合デパートと呼ばれた店主でありますから、

悲劇はこの程度で済むわけもなく、

その後も胃炎がぶりかえしたり腰のヘルニアが再臨界したりと

ブログ的においし過ぎる展開でありまして、

おかげですっかり自虐的になった店主は、

「このペースだと秋になる頃にはもう生きてねえかもな、あはは~」とか、

「どうせなら、もういっちょキツいやつ来いや、あはは~」

なんて余裕ぶっこいていたわけでありますが、

すると今度は何と、体を鍛える目的で始めた腕立て伏せで手首まで痛める始末…

ほんと、バービーボーイズじゃなくても、もォやだ!な展開なんですよ、あはは~

d0160692_1350258.jpg

変態サイボーグを自任しているCanti店主ではありますが、

そんな男にも一応、心というものがありまして、

ここまで不幸が連発しますとそりゃどうしたって気落ちは避けられず、

黄金町リバーサイドが寒々しいゴースト・ストリートになる2月を前にして、

店主の心は早くも阿寒湖のようにビシビシに凍りついてしまったとか(もうアカン!)
d0160692_11203823.jpg

この苦しい胸の内を同業者に打ち明けたくなった店主は、

おもむろに活蔘28を一気飲みし、

ビンテージなCDウォークマンにバグルスをブチ込むと、

この道の師とも

はたまた同じ戦場で戦う戦友とも呼ぶべき漢のもとへと馳せ参じたのでありました!
d0160692_22125330.jpg

自由の女神像にたどり着いた時にはすでに

戦友との再会の喜びと血中の活蔘28により、

Canti店主の両の目は下着ドロのようにギンギンだったとか。

「お~し、間もなくあの漢に会える!」
d0160692_2264179.jpg

「あのファンシーな雑貨屋さんの隣に目指す戦友の店があるはずだ!」

期待に胸を躍らせながら全力疾走した先に見えたのは…
d0160692_2275794.jpg

またここか!!!
d0160692_2282746.jpg

入り口の怪しい張り紙も―
d0160692_229452.jpg

カウンターの上の怪しいラーメン・スープも―
d0160692_22111689.jpg

ワンカップの空き瓶を利用した水飲みグラスも健在でありました。

ただ一つ変っていたのは―
d0160692_2294820.jpg

店内が猛烈に英国風になっていたことであります(無駄にロンドンを感じるぞ!)。

しかし、この光景を英国右翼壮士が見たら血の雨が降ること必定でありましょう。

だって、領収書みたいなのがベタベタはりつけてあるし!
d0160692_152527.jpg

Oh My God!神聖なユニオンジャックが日よけに!

内心「いつからこんなパンキッシュな店になっちまったんだ…」

とびびりまくりのCanti店主でありましたが、

「やっぱラーメンはこれくらいセックス・ピストルズ度数が高い店で食わなくちゃ」

なんて無理に強がってみせましたよ!

で、ご主人がラーメンを作っている間、

以下のような愉快な会話がCanti店主との間に繰り広げられたのであります。


 ご主人「どちらからいらしたんですか?」

 僕「○○区からです」

 ご主人「○○ですか。あそこはなんかごちゃごちゃしてますよね」

 僕「ごちゃごちゃって、ホントよく言えますね、この状態で…」

 ご主人「自分はここから目と鼻の先の所に住んでいるんですがね」

 僕「そんなに近いんですか?」

 ご主人「『うおおおおおおおおおおおおおお』って叫べば届くくらいの距離ですから」

 僕「それだけ叫べば、ソチまで届きそうですが…」

 ご主人「私がここを借りたのが39年前、実際に店を始めたのが38年前ですがね」

 僕「店を借りてから始めるまでが、すげえ長い気がするんですけど…」

 ご主人「これだけ長くやってると、常連さんから、やれ卵をトッピングしてくれとか
 
 ワカメをトッピングしてくれとか色々言われるんですが、

 このトッピングって言葉には上にのったものを取り去るって意味がありまして、

 もちろん何かを付け加える意味でもつかいますがね、

 ほら、野球でクリーンナップっているでしょ?

 1塁2塁、1塁3塁、もしくは1塁2塁3塁にランナーがいて、

 4番5番がヒットなりホームランなりでゴミを一掃すると。まあゴミっていっても…」

 僕「あの~、何をおっしゃっているのか全く分からないのですが…」
d0160692_22104523.jpg

そうこうする内に、ラーメンが到着❤

しかし、これがまた1年前に食べた時よりはるかにヴォリュームが凄く、

その麺の量たるや割り箸がしなるほどでありまして、

つまり食べても食べても減りません!

でも、あっさりしてて美味しいなあ、ここのラーメン。

ご馳走様でした!
d0160692_2212214.jpg

「やっぱりここは、物見遊山でヘラヘラ立ち寄れる店じゃないぜ」

という思いと、

「自分はこのままここの常連客になってしまうのか…」

という不安が交錯した愉快な休日でありました。


ご主人、またうかがいますね。

[PR]



by bari-era | 2014-01-28 13:54

純不純喫茶 Canti  「幸せとは、世界の隅々までピンクが行き渡っているという淡い確信。もっとカラッポに。アーメン。」
by bari-era
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

リンク

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

心は空虚な狩人
at 2017-11-23 22:17
全て映画から学んだyo!
at 2017-10-10 13:41
望めば与えられ、欲望すると与..
at 2017-06-27 01:03
連休中の営業につきまして
at 2017-05-03 12:55
お詫び
at 2017-04-18 11:14

ブログジャンル