usugurano

<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧




味付けの薄い者よ、なぜ疑ったのか

d0160692_1123633.jpg

こんにちは、いつも元気なマスターです。
皆さまがイカれましては、じゃなくて、
皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

またしても前回の投稿から月日が経ってしまいましたが、
かといって別に、コスタリカに珈琲豆を買い付けに行くと称して
コロンビアでガールハント三昧だったわけではございませんので、
お疑いのないように。

更新が遅れた理由を述べる前に、あらかじめ警告させていただきますが、
今回の記事はこれまで以上に胃液がこみ上げる痛々しい内容であり、
かつそこそこ長文ですので、
ゲロっぽいもの長たらしいものが苦手な方はすみやかにご退席下さい。
d0160692_1224562.jpg

さて、わたくし店主が胃を病んだノイローゼ野郎であることは、
皆さまも完璧にお気づきかと思いますが、この2ヶ月は特に、
胃と脳の具合が破滅的でありまして、
強烈な胃もたれや気塞ぎに苦しめられ通しの日々が続き(黄金町の大患)、
要するにほぼくたばりかけていたわけですが、
にもかかわらず、脱薬物を掲げた店主は医者にかかろうともせず、
ムーミンママのように優しくおなかをさすったり、
はたまたいかにもおなかと脳に良さそうジョークをブチ飛ばしたりして
何とかやり過ごしてきたわけでありますが、
そんな薄氷を踏むがごとき日々にカタストロフィーが訪れたのは、
あれは3週間ほど前のことでありましょうか。
d0160692_1231865.jpg

自分でも死ぬほどショックでありましたが、
人間誰しも持ち合わせているはずの食欲が、
人間の三大欲求の一つとされるあの食欲さんが、完全に消え失せたのであります。
想像してみて下さい、
おなかの中に何も詰まっていないのに
ご飯を一口食べただけでゲーっとなってしまう地獄を。
ただでさえひょろい体がいっそうやせ衰え、
もはやライザップのCМどころではないレベルまできた時の恐怖感たるや、
まさにエキサイティングの一言でありました!
d0160692_1235884.jpg

自分の身にいよいよ危機が迫ったことを理解したわたくしは、
それまでの禁を破って泣く泣く近所の病院を訪れ、
憂鬱な気分で胃カメラの予約を入れたわけでありますが、
検査日までの数日、わたくしの脳裏にあったのは、
これまで自分が重ねに重ねた罪の数々と、
かの詩聖ダンテが描いたような恐ろしい地獄世界のことばかり。
(人間、衰弱し切ると、よからぬことばかり考えてしまうものなのですねえ…)
d0160692_1242112.jpg

わたくしの胃液じみた酸っぱい文章に
お上品な皆さまを長々とお付き合いさせるのも心苦しいですので、
端的に検査結果を申し上げますとですね、これが何とわたくしの疑惑に反して、
わずかに胃炎を起こしている部位はあるものの、特に異常なしとの診断。
その後のピロリ菌検査も陰性(ちなみに脳味噌も生まれつき陰性w)、
おまけに血液検査の結果も野人並に健康そのものでありまして、
ほっとした半面、じゃあ、14の頃から大厄の現在に至るまで
たびたび苦しめられてきたあのクソ忌々しい胃の不快症状は、
あれは一体何だったのかと拍子抜けしたのも事実。
d0160692_1214769.jpg

聞くところによりますと、この狂気のストレス社会、
わたくしのように胃袋にこれといった疾患が見当たらないにもかかわらず、
胃痛や胃もたれ等に苦しめられている不憫な人民が大勢いらっしゃるらしく、
現在医学的にはこうした症状を総称して、
機能性ディスペプシアと呼んでいるようです。
この機能性ほにゃらら、どうやら自律神経の働きが影響しているらしいのですが、
である以上は、処方された薬だけで完治させるのは難しいのかもしれません。
もうこうなったら、クソ怪しい魔術的薬物を自ら調合するしかない!
d0160692_125085.jpg

まあ、自分の場合は、脳波が完璧に異常なのは完璧に確実ですし、
そうなると自律神経も乱れまくっているに違いないですが、一番の原因はむしろ、
ペプシコーラを飲みまくっていたせいではないかとにらんでいるのですが(ガチで)
恥ずかし過ぎていまだにお医者さんに伝えられずにいるんですよ~
d0160692_1191825.jpg

それにしても、この数年は、
やれ椎間板ヘルニアだ、慢性扁桃腺炎だ、キ○ガイの発作だ、
はたまた機能性ディスペプシアだと、絶望的に苦しかったなあ…。
このまま日々体のあちこちに痛みとしびれを感じながら生きていたら、
いつか痛みもしくはしびれそのものになってしまいそうで怖いですが、
自分の夢はむしろ、有塩もしくは無塩バターになって、
昨今のバター不足解消の一翼を担うことですので、
これからもあきらめずに木の回りをぐるぐる走り回り続ける所存でありまーす。
d0160692_120214.jpg

今自分に出来ることといったら、胃と精神を完治させるために
なるべくストレスをため込まないような生活を心がけ、食事も薄味で胃に優しい、
d0160692_122123.jpg

怪しげな化学調味料とは無縁のオーガニック食品を選び、極力肉は控え、
d0160692_1225749.jpg

「肉見れば 
そのいはれとはなけれども
心の内ぞ楽しかりける」
(肉を見るとわけもなく心がウキウキするなあ)  by Canti店主
d0160692_1212241.jpg

モチ、林家ペーパー風カレーなんぞは以ての外(迷惑な差し入れの最たる例!)、

後はひたすら恩寵におすがりする以外に道はないぞな、もし。
d0160692_14434.jpg

言わずもがなではありますが、健康と正気は尊いものであります。

皆さま、ご自愛下さい。
d0160692_12639.jpg

ここ日本で何があったというのか…

いかにも南区っぽい短冊w

[PR]



by bari-era | 2015-07-20 01:40

純不純喫茶 “ Canti ”   ペンダントライトを打ち鳴らせば、寂滅為楽の響きあり。もっとカラッポに。アーメン。
by bari-era
画像一覧

お気に入りブログ

最新のコメント

リンク

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

Destination Ve..
at 2017-02-25 01:33
Happy New Year
at 2017-01-02 20:48
年越し蕎麦のかわりに荒唐無稽
at 2016-12-31 12:06
A step ahead!
at 2016-12-02 02:11
なんだったんだ?7YEARS
at 2016-11-30 01:43

ブログジャンル